受付時間

9:00~18:00
定休日:日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0263-76-1250

つみたて投資で大学入学時に1,000万円は貯まったのか?

学資保険か?教育資金つみたて投資か?

多くのご家庭では、お子様が生まれると「将来の教育資金準備」のために、さまざまなカタチで“つみたて”を検討されることと思います。

“つみたて”のカタチは人それぞれですが、例えば

学資保険だったり

外貨建ての生命保険だったり

銀行で定期預金だったり・・・

学資保険や、外貨建ての生命保険の中には、将来戻ってくる解約返戻金や、満期保険金が、支払った分に対して105%や、110%を超えるものもあるため、一見お得なように感じて加入されている方は多いと思います。

しかし、増えたように見える返戻金(満期金)も、17年後、18年後の“お金の価値”は現在と同じではありません。

もし、戻ってくる割合が200%(2倍になる)の“つみたて”がある、と聞いたら、どう思いますか?

あくまで過去の実績ですが、「教育資金つみたて投資」で大学入学時に1,000万円貯まるのか?

以下で検証してみました。

日経平均株価の投資信託で“教育資金つみたて投資”していたら?

日経平均株価の株式に分散投資する投資信託の価格推移(2003年8月~2020年7月)

上記のグラフは「日経平均株価」(225銘柄)に連動する投資信託の過去17年間の価格の推移です。

お子様が1歳のときに積み立てを開始して、18歳時点(17年経過)でどうなっているか?を検証してみました。

上記の投資信託に、毎月15,000円ずつ「教育資金つみたて投資」をしていたら・・・

元金の総額は、

月15,000円 × 204カ月 = 3,060,000円

2020年7月末 ⇒ 494万円(161%) になりました。(あくまで過去の実績です。)

 

では、もう少し頑張って毎月30,000円ずつ「教育資金つみたて投資」していたら・・・

元金の総額は、

月30,000円 × 204カ月 = 6,120,000円

2020年7月末 ⇒ 988万(161%) になりました。

残念ながら、あと一歩1,000万円には届きませんでした。

結果として、年5.3%の複利で運用できたことになりました。

では、外国の株式の投資信託で同様のことをやっていたら、どうなったのか?

以下で検証してみました。

外国の株式の投資信託で“教育資金つみたて投資”していたら?

先進国の株式に分散投資する投資信託の価格推移(2003年8月~2020年7月)

上記のグラフは先進国の株価指数(MSCI-KOKUSAI)に連動する投資信託の過去17年間の価格の推移です。

上記の投資信託に、毎月15,000円ずつ「教育資金つみたて投資」をしていたら・・・

元金の総額は、

月15,000円 × 204カ月 = 3,060,000円

2020年7月末 ⇒ 609万円(199%) になりました。(あくまで過去の実績です。)

おおよそ2倍、になっているのがわかると思います。

 

では、もう少し頑張って毎月30,000円ずつ「教育資金つみたて投資」していたら・・・

月30,000円 × 204カ月 = 6,120,000円

2020年7月末 ⇒ 1,219万円(199%) になりました。

あくまで過去(2003年8月~2020年7月)の実績ではありますが、毎月30,000円ずつ17年間つみたて投資していたら、元本612万円は1,000万円を大きく超えて1,219万円になりました。

 

これは結果として年7.4%の複利で運用できていたことになります。

 

但し、上記はほんの一例にすぎません。

日本国内で現在販売されている投資信託は6,000種類もある、と言われています。

あくまで過去の実績ではありますが、利回りが10%を超えるものも珍しくありません。

資産形成の王道は「長期・積立・分散投資」

資産形成の王道は「つみたて投資」です。

10年以上先のお金は、基本的に株式で運用するのが、世界的にみたら当たり前なのですが、残念ながら日本では、「投資は怖い」、「損するからやりたくない」などなど、誤解している方がたくさんいらっしゃいます。

2019年6月に金融庁が公表した「高齢社会における資産形成・管理」レポートの中に、「長期・積立・分散投資」というワードが何回登場したか数えてみました。

「長期・積立・分散投資」は25回も登場します。

欧米では、つみたて投資で資産形成するのが当たり前になっていますが、日本ではまだまだ一般的ではありません。

※米国ではIRAや401kが普及している。

※英国ではISA制度が普及している。

国(金融庁)がつよく推奨する「長期・積立・分散投資」について、“わかりやすく”、“楽しく”理解していただけるセミナーを毎月開催しています。

よろしければ、のぞいてみてくださいね。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0263-76-1250
受付時間
9:00~18:00
定休日
日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0263-76-1250

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。