受付時間

9:00~18:00
定休日:日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0263-76-1250

確定拠出年金制度がスタートして
20年が経過しました!

2001年10月~
“つみたて”を始めていたら?

20年前の2001年10月、米国より20年遅れて、日本でも確定拠出年金法が施行され、確定拠出年金制度がスタートしました。

今では企業型と個人型(iDeCo)を合わせると、加入者が943万人(2021年3月末)を突破し、20年を迎える現時点(2021年9月末)では1,000万人を超えているものと思われます。

しかし、iDeCoの口座開設はしたものの、

「何を選んだらいいのかわからな~い」とか、

「会社でやっている確定拠出年金、なにで運用してるのかあまり関心がない」

なんて方も多いようです。

 

では、ここで質問です。

今から20年前の2001年10月から、毎月10,000円ずつ以下の資産クラスに投資する投資信託に“つみたて投資”していたら、ちょうど20年経過後の2021年9月末時点で一番儲かっている(成績が良い)のは、どれでしょうか?

これを知ったら、もう無関心ではいられなくなるかも?

①国内債券型

②外国債券型

③国内株式型

④外国株式型

それぞれの20年間の価格の推移はこちらです。

つみたて投資の元金の総額は、

毎月10,000円 × 240カ月 = 240万円です。

結果はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

第4位 国内債券型

第4位は、国内債券型でした。

結果は、約262万円。

22万円ほど増えました。

利回りに換算すると年0.86%でした。

第3位 外国債券型

第3位は、外国債券型でした。

結果は、約329万円。

89万円ほど増えました。

利回りに換算すると年3.02%でした。

第2位 国内株式型

第2位は、国内株式型でした。

結果は、約601万円。

361万円ほど増えました。

利回りに換算すると年8.17%でした。

少し詐欺っぽいかもしれませんが、本当です。

第1位 外国株式型

第1位は、外国株式型でした。

結果は、約686万円。

446万円ほど増えました。

利回りに換算すると年9.21%でした。

普通預金の金利が0.001%ですから、

なんと9,210倍、ということです。

ものすごく詐欺っぽいですが、本当です。

あくまで過去の実績ではありますが・・・

投資の成績の推移はこちらです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

生命〇〇は「債券型」以下?

ちなみに生命〇〇で貯金してる人は多いと思いますが、

個人年金〇〇とか、

学資〇〇とか、

ドル建て終身〇〇とかは、

「債券型」以下になります。

「生命〇〇でお金が増える!」

という考え方を

あらためたほうが良いのかも・・・

しれません。

「株式型」が2.8倍になった理由とは?

ではどうして、

株式型はこんなに増えたのか?

その理由は大きくわけて2つあります。

まず一つ目は、

「つみたて投資を始めたこと」

二つ目は、

この20年間、いろんなことがありました。

ITバブルの崩壊とか、

リーマンショックとか、

米中貿易摩擦とか、

コロナショックとか、

いろんなことがありましたが・・・

「途中でやめることなく、

20年間続けたこと」

たったこれだけです。

 

多くの方は、

「投資というものは、安いときに買って、

高いときに売れば儲かる!」

と思ってますが違います。

予測は不要なのです。

 

よくわからな~い?

という方は、「つみたて投資体験教室」へ

参加してみてはいかがでしょうか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳細はこちらをクリック

詳細はこちらをクリック

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0263-76-1250
受付時間
9:00~18:00
定休日
日曜・祝日