使わなかった保険料が戻ってくる?

最近のネットの広告はよくできていて、一度検索すると、勝手に向こうから追っかけて来てくれます。
 
これを「ネット広告のストーカーシステム」と呼んでいますが、その中に某生命保険会社の「使わなかった保険料が全額戻ってくる!」という、あの“ヒツジの会社”の広告があります。
 
「万が一に備えたい」
「でも、掛け捨てはモッタイナイ!」
 
というキャッチフレーズですが、本当でしょうか?
 
モノゴトはシンプルに考えた方が良いと思います。
そもそも「医療保険って、必要なのか?」
もし必要なら「いつまで必要なのか?」
「もし3,000万円の自由に使えるお金があったら、医療保険に加入するのか?」
 
こんな風にシンプルに考えると、自ずと答えが出てくるのではないでしょうか?
 
この広告には丁寧に「保険料例」も掲載されておりましたので、計算してみました。
 
「入院給付日額:10,000円タイプ」で30歳の男性だと、1ヵ月の保険料は7,000円でした。
払った分が戻ってくるのは70歳なので、70歳までに支払う総額は、
7,000円×12カ月×40年(70歳-30歳)=3,360,000円
 
70歳まで、この保険から何も給付を受けなければ、336万円が戻ってくる、ということになります。
 
でも、この保険からモトがとれる(336万円以上の給付を受けること)確率って、どれくらいあるのでしょうか?
 
一方この保険に加入しなかったとして、毎月7,000円をつみたて投資したら、40年後どうなるでしょうか?
あくまで仮定のハナシですが・・・
 
利回り5%なら、約1,040万円
 
利回り7%なら、約1,740万円
 
現在と40年後、お金の価値は同じではありません!
 
この手の保険は払込期間中に解約しても、お金は戻ってきません。ですので、「今やめると損する!」と、ズルズル払い続けたくなる気持ちもわかりますが、よく考えた方が良いと思います。
 
「掛け捨てはモッタイナイ!」と、こんな保険を勧められる前に、「金融リテラシーの向上」が必要です。
 
「2019年11月開催!つみたてNISA超活用セミナーin長野県松本市」
https://fp-matsumoto.com/2019/10/17/seminar_201911/
 
「2019年12月開催!つみたてNISA超活用セミナーin長野県松本市」
https://fp-matsumoto.com/2019/11/02/seminar_201912/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です