”個人年金”で”老後資金”は正しい選択か?

3月10日のセミナーに参加された方からのご相談です。

「個人年金保険」でつみたてしているのですが、見直した方が良いのでしょうか?

ということで本日お見えになりました。

ご本人様のご了承をいただけたので、匿名でご紹介させていただきます。

A様(29歳・女性)は、老後が心配だからと、約1年前にこのような個人年金保険に加入しました。

昨年の3月に
「今のうちに加入すると有利だから・・・」
と勧められ、駆け込みで加入したそうです。

毎月15,000円を
28歳から60歳まで32年間(384か月)
累計で576万円を払い込み、

5年間据え置いた後、
65歳から10回(年)に分けて
受け取る総額は

一括だと684.7万円

年金で受け取ると総額718.1万円

になります。

支払った分に対して、戻ってくる割合を示す
返戻率(へんれいりつ)は?

一括受取で118.8%

10回分割で124.6%

でも、これって得してるのでしょうか?それとも損してるのでしょうか?

よくわからないので、利回りで計算してみました。

60歳時(払込終了時)は返戻率100%なので
利回りは「0%」

100歩譲って、5年間据え置き後の金額で計算
しても、利回りは1.05%でした。

「銀行預金(0.001%)と比べたら、まだマシ・・・」

と思う方もいるかもしれませんが、

28歳の女性が、65歳になるには
37年かかります。

現在と37年後、お金の価値は同じではありません。

同じ”つみたて”するなら、違う方法を選択された方が良いのではないでしょうか?
とお伝えし、

女性は
「すぐやめます!」
と元気よく帰られました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です